シューズを変えた アシックス GT-2000 NEW YORK 4

ジム通い始めるきっかけは、ダイエットと体力アップが目的だったので、
そもそもそんなに走ることを想定していなかった。

なので最初に選んだシューズはランニング用ではなくて、ジムトレーニング向きの履きやすい柔軟度の高いシューズを用意した。
というか、何を選んで良いかわからず、シューズ売り場の店員さんのすすめで一番履きやすそうなシューズを選んだのだ。


それがこのシューズです。

adidas ランニングシューズ Lite Slipon

ランニングシューズとなっていますが、今となってわかるのですが、ジョギング、ウォーキング程度ならとても履きやすいシューズですが、本格的なランニングにはちょっと不向きかもしれません。
靴底(ソール)が薄目なので長く走ると足裏が痛くなってくるかもしれません。また、かかとや足首の安定感もチョット緩めなので、本格的に走るのであれば、もうちょっと上のランニング用シューズを早めに用意した方がいいでしょうね。自分は足首が痛くなってはじめてシューズに考えが向いたのですからちょっと遅すぎたほうでした。

そこで今回選んだのがこのシューズです。

アシックス GT-2000 NEW YORK 4

今回シューズを選ぶのにあたって多少検索して調べてみました。
ランニングシューズの人気ブランドもいろいろあるのですが、日本人の足の形にあった靴となると、やっぱり日本のメーカーのアシックスやミズノが良いようです。特に初心者や素人が選ぶならこのブランドをすすめている記事が多かったです。もちろん日本のトップランナーも履いています。いくつかの記事を見ていく中でアシックスを推しているものが多かったですね。

そして次はランニングシューズのグレードです。
初心者用から上級者用。練習用からレース用など。
自分としては初級者から中級者に向かう段階なのでそのクラスのランニングシューズにしようと思って決めたのが、「アシックス GT-2000 NEW YORK 4」です。

このランニングシューズは、初心者から中級者向けの位置づけなのですが、上級者やトップランナーも練習用として履いている人も多いようです。
衝撃緩衝性や安定性に優れていて長距離、長時間走っても足への負担が少ないようです。

昨日、地元のアルペンでこのシューズを買ってきました。
実は「アシックス GT-2000」の最新バージョンは「NEW YORK 5」なのですが、ひとつ前の「NEW YORK 4」が40%オフだったので迷わずにこっちにしましたよ。
いつもは土日はジムをお休みしているんですが、いたたまれずに本日新しいランニングシューズで30分ほど走ってきました。

走った感覚は、やっぱり安定感がまったく違うのと、前に進もうとする反発力の強さは素人の自分でもわかるくらいの違いがありました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク